ムダ毛の自己処理をされている方へ レーザー・IPL(光)脱毛は、安心の医療機関で。

ムダ毛の自己処理をされている方へ

剃ったり、抜いたり、脱毛クリームを使ったりと、
ムダ毛の処理は、つい自己処理を続けてしまいがちですが、
実は肌荒れや赤いブツブツ、色素沈着の原因となってしまうことを、ご存じですか?

自己処理による肌へのダメージ

カミソリ・シェーバーで剃った場合
ダメージを受けた肌が炎症を起こして腫れたり、色素沈着の可能性
カミソリやシェーバーでダメージを受けた肌が炎症を起こして赤く腫れてしまった状態。
炎症は時間がたつと、色素沈着といって茶色っぽい状態となる可能性があります。
ピンセットや電気式毛抜き、脱毛ワックスなどで抜いた場合
毛穴が炎症を起こして色素沈着の可能性 皮下に埋もれたまま伸びる埋没毛になる可能性 瘢痕ができて肌が鳥肌状になる可能性
ムダ毛を抜くにはピンセットや脱毛ワックスなど、様々な方法がありますが、いずれの方法で行うにしろ、「毛を抜く」ということは、毛穴から無理やりに「毛を引きちぎる」行為のため、毛穴へのダメージは非常に大きくなります。ダメージを受けた毛穴に細菌が入り、炎症を起こして色素沈着の原因となったり、根元まできれいに抜けなかった毛が皮下に埋もれたまま伸びる埋没毛になる可能性があります。
また、繰り返し抜いていると瘢痕ができて肌が鳥肌状になることもあります。
脱毛クリームを使用した場合
皮膚のタンパク質を溶かして肌荒れや炎症の原因に
脱毛クリームは体毛に含まれるタンパク質を分解して脱毛しますが、実はタンパク質は皮膚にも含まれています。そのため皮膚のタンパク質にも作用してしまい、肌荒れや皮膚の炎症の原因となってしまいます。

※また、最近は「家庭用レーザー脱毛機」もよく目にしますが、毛根を処理できるほど強力なレーザーは医療機関でのみ使用が認められているため、家庭用の機器は効果・安全性の面で疑問が残ります。

自己処理後に肌を冷やしたり、炎症を抑える塗り薬を使うなどしても、同じ自己処理を続ける限りは肌を痛め続けてしまいます。医療脱毛は、自己処理によるダメージを減らすことになりますので、上記の症状が出てしまった肌も徐々にキレイになっていきます。

自己処理による肌荒れ・色素沈着にお悩みの方へ

自己処理は肌荒れや色素沈着の原因とは理解しているものの、学生時代に自己処理を繰り返し、働き始めて脱毛に通う金銭的余裕ができた頃には肌荒れや色素沈着が進んでしまい、お悩みの方も多いのではないでしょうか?
レーザーや光での脱毛をする場合、あまり色素沈着が強いと安全のためエネルギーを上げにくくなりますし、色素沈着を悪化させてしまう場合もあります。
また長年、傷め続けたために肌荒れがなかなか改善されない方もいらっしゃいます。

当院では、色素沈着を改善する漂白軟膏等の外用薬の処方や、スキンケアマシンによる肌荒れの改善など、患者様の肌状態に合わせた脱毛プランをご提案しております。
カウンセリングは無料ですので、自己処理による肌荒れ・色素沈着にお悩みの方も、是非一度、ご相談ください。

Q&A検索
無料メール相談
無料カウンセリング予約

全国共通フリーコール  ※受付カウンセラー直通

  • 0800-919-9663【受付時間】9:30〜20:00
  • 0120-773-566【受付時間】20:00〜23:00
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
全国共通フリーコール
※受付カウンセラー直通 0800-919-9663 【受付時間】9:30〜20:00
※夜間は新規ご予約のみとなります 0120-773-566 【受付時間】20:00〜23:00
  • ムダ毛の自己処理をされている方へ
  • 聖心美容クリニックの5つの約束
  • クリニックのご紹介
  • ドクターのご紹介
  • Q&A
携帯サイト
当サイトは携帯対応です。
右記からアクセスしてください。
携帯サイトコード
.