生活スタイルやご希望の部位に合わせて最適な施術プランをご提案します。

よくわかる医療脱毛

医療脱毛のすべてTOP > よくわかる医療脱毛

無料メール相談 無料カウンセリング予約
[74]お電話でご相談の方
よくわかる医療脱毛
1/2

医療脱毛とは?
医療レーザーの種類
医療レーザー・光脱毛の特長
エステの脱毛と医療脱毛の違い
医療機関で受けるメリット
次ページへ(よくわかる体毛の構造)
[150]医療脱毛とは?

医療脱毛とは、医療機関にのみ、使用することのできる医療用脱毛専用レーザーやIPL(光エネルギー)によって毛根を破壊して、脱毛する方法です。
2000年には、以前より問題となっていたエステサロンでの脱毛トラブルを受け、厚生労働省から、「脱毛は医療行為」という通達が出されています。医療脱毛は、安全で施術後のケアもしっかり行っている医療施設を選ぶことが大切です。当院では、世界的に最も有効とされ、日本でも多くの実績のある米国サイノシュア社のアレキサンドライトレーザー(LPIR)をはじめ、ダイオードレーザーや、IPL(光脱毛)などの脱毛マシンを導入しています。

マシンイメージ
[150]医療レーザーの種類

医療脱毛のレーザーは、それぞれ異なる波長を持ち、単一の波長であることが特長です。波長によって、肌のターゲットゾーン(レーザーの届く深さ)が異なることが特長で、それらを使い分けることで、脱毛、シミ治療、たるみ治療、など幅広い適応が可能になります。
各レーザー・光(IPL)の波長イメージ

アレキサンドライトレーザー
アレキサンドライトレーザーは、「アレキサンドライト」という宝石を使用した波長755nmのレーザーです。普通〜太い毛の脱毛に効果的です。肌へのダメージも少なく、日本人の肌に適した脱毛レーザーとして広く普及しており、脱毛だけでなく、シミ・あざ治療にも用いられています。

ダイオードレーザー
ダイオードレーザーは波長810nmのレーザーで、アレキサンドライトレーザーに比べ表皮のメラニン吸収率が低いため、火傷の心配が少ないのが特長です。また、普通〜太毛はもちろん、アレキサンドライトレーザーでは脱毛が難しいとされていた「細い毛・産毛・軟毛」の脱毛も可能です。

Nd:YAGレーザー
Nd:Yagレーザーは波長1064nmのレーザーで、幅広い毛質に対応していますが、特に太く深い毛根に優れた効果を発揮します。一度の照射で深い毛根にもダメージを与えることができますので、他のレーザーに比べ治療回数も少なくて済みます。

ルビーレーザー
ルビーレーザーは、694nmの単一波光を出すレーザーで、メラニンへの吸収率が高い波長のため、皮膚内にメラニンの多い日本人(黄色人種)は火傷の危険があり、脱毛には不向きです。シミ・あざ治療などに適しています。

光治療

レーザーは単一の波長の光で、治療する疾患によって、使い分けが必要ですが、光治療(IPL)で使用される光は複数の波長が含まれており、これらの波長が、脱毛の他、シミ・くすみ・赤ら顔・にきびなどの症状にも働きかけるため、肌のトラブルを改善することもできます。
また、老化した肌を光の熱エネルギーにより肌の内部から活性化させるため、肌の弾力を保つコラーゲンの産生が促進され、シワ・たるみ・毛穴の開きにも効果があります。

・治療後すぐにメイクが可能
・複数回の治療(照射)が基本ですが、1回で効果を実感できることもあります
[150]医療レーザー・光脱毛の特長
周囲の皮膚にダメージを与えず安全

レーザー光の特定の色素のみに反応して熱を出すという特長を生かし、毛根部分にある黒い色素(メラニン)のみを熱破壊し脱毛します。周囲の皮膚に反応することはないので、火傷や色素沈着もほとんどありません。
痛みも少ない

針脱毛に比べ、医療レーザー・光脱毛は痛みが少ないのが特長です。痛みの感覚は人それぞれ感じ方が異なるので一概には言えませんが、ちょうど輪ゴムで弾いたような感覚を想像していただくとよいでしょう。
短時間・短期間で終了

針脱毛が、毛根1本1本を処理するのに対し、医療レーザー・光脱毛は直径約1〜1.5cmの範囲に1分間に60〜120回連続照射でき、非常に短時間で脱毛処理することができます(両ワキの場合5〜7分前後で終了)。部位や個人差にもよりますが、1.5〜3ヶ月に1度の通院で、数回照射を繰り返します。
全身の脱毛が可能

医療レーザー・光脱毛は皮膚へのダメージが少ないので、全身どの部位でも照射可能です。ワキの下やビキニライン、背中、うなじ、お腹などはもちろん、顔の産毛などデリケートな部位でも安心して脱毛できます。
※陰部の脱毛は女性のみとなります

アフターケアも安心

エステで使用されている脱毛マシンは、医療認可のないマシンを使用されているため、トラブルが発生する心配もありますし、もし何らかのトラブルが起こっても、医療機関でないため充分なケアも期待できません。
医療機関であれば、早急に適切な処置を受けることが可能です。

美肌効果やワキガの改善も

医療レーザー・光脱毛を行うことで毛根を破壊し、毛がなくなるために毛穴がふさがります。毛穴が目立たなくなり肌のキメが細かくなるため、お肌がスベスベになり、肌のくすみやざらつきを改善します。また、医療レーザー・光脱毛はワキガの臭いの元となるアポクリン腺にも作用し、軽度から中程度のワキガに効果が期待できます。
[150]エステの脱毛と医療脱毛の違い

エステにおいても、「脱毛」を受けることはできます。しかし、医療レーザー・光脱毛は法律により、医療機関でしか行えません。
医療レーザー・光脱毛は、医療機関のみ使用できます。
エステで行われる脱毛の問題点

出力が弱く、効果も一時的
エステでは、医療マシンの使用が法律で禁止されている為、医療機関で扱うような医療レーザー脱毛機は使えません。そのため、エステで使用される脱毛機は出力が弱いものや、一時的な効果しか得られないものがほとんどで、時間がかかる為、費用もかさみます。

無資格者による施術
医療機関での脱毛は、医師や看護師が施術を行いますが、エステでは無資格者が行う場合がほとんどです。脱毛は適切な方法をとらないと火傷のリスクがあり、技術力がないと脱毛効果も劣ります。

トラブルの心配
エステで、何らかのトラブルが起こった場合、医療機関ではないため、十分なケアが期待できません。医療機関であれば、早急に適切な処置を受けることが可能です。
[41]医療機関で受けるメリット

・脱毛は医療行為なので、医療機関で施術を受けることが安心・確実です。
・医療機関で受けることにより、施術の前に十分なカウンセリングはもちろんのこと、万一のトラブルにも迅速かつ適切に対処。
・設備やマシンは医療認可を受けているので安心。
・短期間で終了するため、費用的にみると、エステに比べ、比較的安く済む。

次ページへ
(よくわかる体毛の構造)

[134]医療脱毛のすべてTOPに戻る
無料メール相談 無料カウンセリング予約

0120-922-079【受付】9:30〜20:00
0120(773)566【受付】20:00〜23:00(夜間は新規ご予約のみ承ります)

[110]お友達にこのサイトを紹介

関連サイト|プライバシーポリシー|サイトマップ

聖心美容外科オフィシャルサイト

東京 | 札幌 | 大宮 |横浜 |
ブレッツァ聖心美容クリニック
名古屋 | 大阪 | 広島 | 福岡
このページのトップへ


copyright(C)2010
Mediclude Co.,Ltd.
All Rights Reserved.
Produced by Mediclude Co.,Ltd.