医療脱毛とは レーザー・IPL(光)脱毛は、安心の医療機関で。

医療機関ならではの処置で安全・効率的に永久脱毛が可能です。

医療脱毛は、レーザー・IPL(光)や針を使って、ムダ毛を毛根から破壊・脱毛する方法です。毛根を処理するため脱毛効果が高く、柔らかい産毛から男性の濃いヒゲまで、幅広い毛質の永久脱毛が可能です。
ここでは、それぞれの施術法について、ご紹介していきます。

どうして永久脱毛できるの? 脱毛のメカニズム
キーワードは「毛周期」 脱毛のタイミングとは?
レーザー・光脱毛の種類と特長
当院の医療脱毛で使用 脱毛マシン一覧

エステの脱毛と、医療脱毛は同じ?

一般にエステサロンの方が敷居が低く、気軽に感じられることから
「わざわざ美容外科(クリニック)に行かなくても、、、」
とエステサロンでの脱毛を行う方もいらっしゃいますが、実は、エステサロンでの脱毛は、効果や費用・安全性の面などからも、あまりオススメはできません。ここでは、その理由について比較表で詳しくご説明いたします。

  エステサロン 美容外科(クリニック)
効果

出力の弱い脱毛マシンで処置を行うため、一度の効果が低い。

医療機関のみ使用できる高出力の脱毛マシンで処置するため、一度の効果が高い。
時間・回数 一度の効果が弱い脱毛マシンで処置するため、何度も通う必要がある。 一度の効果が高い脱毛マシンで、確実に処置するため、少ない通院回数でOK。
費用 何度も通う必要があるため、高額となってしまう。 通院回数が少ないので費用が抑えられる。
安全性 ■皮膚の医学的知識、脱毛の知識がないスタッフや、脱毛操作の未熟なスタッフが処置するためヤケドの危険性。 ■医学的知識および医療資格を持つ医師・看護師が適切に処置。
■医療認可の下りていない(≒人体への安全性が認可されていない)脱毛マシンを使用する点でも安全性に不安。 ■医療認可の下りている脱毛マシンを使用するため、安全性が高い。
■衛生管理の不十分な環境で、アフターケアも十分に行わず脱毛する場合には皮膚トラブルの可能性。 ■衛生管理のしっかりとした医療施設で、アフターケアもしっかり行うため皮膚トラブルの可能性も低い。
■皮膚トラブルの際の対処が難しい。 ■万一の皮膚トラブルの際の医療処置も適切に行うことができる。
痛み 脱毛方法により異なる。 脱毛方法により異なるが、特に痛みに弱い方には塗るタイプの麻酔治療も可能。
その他
メリット
比較的気軽に入店できる。 自己処理で肌荒れ・色素沈着がある場合の医療ケアも含めて相談が可能。

また、厚生労働省は2001年に「医療機関以外での脱毛行為は違法である」としています。
厚生労働省通達文)
永久脱毛は、それなりの費用も発生し、肌への負担も少なくない施術です。
少し敷居が高く感じられるかもしれませんが、医療機関(美容外科・クリニック)での施術をお勧めいたします。

聖心美容外科では、無料メール相談・フリーコールで患者様からのご質問にお答えしている他、無料カウンセリングにて、患者様のご希望や生活スタイルを伺った上で最適な施術プランをご提案させていただいております。

「まずはウェブで情報収集」という方は、是非じっくりと当院のウェブサイトをご覧になってみてください。
医療脱毛に対して同じ疑問・お悩みをお持ちの方のQ&Aは、特にご参考になるかと思います。

Q&Aを参考にしてみる

無料メール相談
無料カウンセリング予約

全国共通フリーコール  ※受付カウンセラー直通

  • 0800-919-9663【受付時間】9:30〜20:00
  • 0120-773-566【受付時間】20:00〜23:00
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
全国共通フリーコール
※受付カウンセラー直通 0800-919-9663 【受付時間】9:30〜20:00
※夜間は新規ご予約のみとなります 0120-773-566 【受付時間】20:00〜23:00
  • ムダ毛の自己処理をされている方へ
  • 聖心美容クリニックの5つの約束
  • クリニックのご紹介
  • ドクターのご紹介
  • Q&A
携帯サイト
当サイトは携帯対応です。
右記からアクセスしてください。
携帯サイトコード
.